道中の支援艦隊

任務の前衛支援任務に艦隊を送ると支援に来てくれます

任務に送った時間内にその海域に出撃すれば支援にきてくれます

主に5-5やイベント海域で使います

使えるのは支援射撃です。航空支援はボーキを大量に使ってつらい。支援長距離雷撃は役に立たないので問題外

なのでここでは支援射撃の砲撃支援で解説します

支援射撃の特徴

砲撃は1艦1回ずつ。

火力と命中率が反映される

命中率がかなり下げられている

交戦形態、陣形の影響を受ける(彩雲でT字不利は支援艦隊では防げない)

空母は2隻まで3隻以上入れると航空支援になってしまう

同じ敵を重複して攻撃することがある。その場合、相手が姫でも落とせる場合がある。おおむね駆逐艦などを重複攻撃してしまう

支援火力にもギャップがあります(主砲ガン積みしても意味ないです)

支援艦隊の編成

駆逐艦2隻は絶対必要(支援艦隊の条件)

戦艦2隻

空母(軽空母)2隻

上記の編成が一番使いやすいし、資材を省エネで節約できる。軽空母が2隻入っているのは戦艦より、軽空母のほうが、弾薬、燃料を消費しないからだ。支援射撃で空母が参戦した場合、砲撃戦での攻撃力で計算される

支援艦隊の編成例

駆逐艦2隻 戦艦2隻 空母(軽空母)2隻

駆逐艦2隻 戦艦4隻

駆逐艦2隻 戦艦2隻 重巡2隻

支援射撃の消費資源

弾薬を大量消費する80%、 燃料は50%消費する

空母の攻撃力

55+(1.5×火力)+(1.5×雷装)+(2.0×爆装)

艦爆が一番強い

デメリット

T字不利や単横など攻撃力補正がかかる場合は、威力が弱くなる

支援艦隊の発生確率

キラキラなし ほとんどこない、25%くらい

旗艦だけキラキラ 50%で駆けつける

全員キラ付け 80%で来る

支援艦隊の命中率

支援艦隊は基本的に命中率はかなり下げられている

レベルが高い艦の攻撃は命中率アップします

キラキラが付いている艦は命中率が上がります

複縦陣で命中率がわずかに上昇します(威力は単縦より弱い)どちらかとゆうと単縦のほうが結果的には高いダメージを与えることができる

電探を積んだほうが命中率は少しあがる

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加